記事一覧

Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoft officeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office 365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office 365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office 365 soloを正式発売しました。
Office 365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacとwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoft officeを使うため、高価なmicrosoft officeのmacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacとwindowsにて利用可能で、office 365 soloはまさしくwindowsとmacのダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはoffice for mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice 2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice 2016 for mac の発売につれ、office365 soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice 2016に変わります。

microsoft office は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice 2004 for Mac、Office 2008 for Mac、Office for Mac 2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365 soloは欠かせません。実は個人でmicrosoft officeを購入しようとすれば、office365 soloのほうが経済的です。特にwindowsとmacのダブルユーザの場合、office365 solo以外のベストチョイスがありません。office 365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。