取材等に関する考え方

 先日、当ページの内容をCD-ROMに収録したいとの打診を受けました。大変光栄かつ有り難いお話ではありますが,自主チャートはあくまで個人の趣味としての範疇にのみ活路があるのであって、商行為に利用することは問題があると考えます。そもそも自主チャートとは商業チャートの混合集積体であり、集積されることによって著しく希薄化しているとはいえ、「二次利用」という判断の難しい問題を不可避的に含んでいるからです。これは程度の差はありますが、コンピュータープログラムやラップ音楽にも内包されている問題です。

 当ページの見解といたしましては、個人がボランティアでやっているうちは、単なる切り口の提供,つまり研究発表(あまり学問的ではありませんが)の域にとどまるもので、上記のような負の側面が前面に出てくることは少ないかと考えます(もっとも、「たぬどん」さんと同様、トラブルがあったらやめますが)。しかし、商行為への利用は、理屈上は商業チャートと同じ土俵で競争することになり、不正な意図をもってするものとの誤解を生じる恐れがあります。

 そこで当ページといたしましては、URLの雑誌掲載については、いわば地名の公開に過ぎないので問題ないと考えますが、CD-ROM等への収録については、避けた方がよいとの結論に至ったものであります。

 今般、携帯電話向けコンテンツとして利用したいとの打診がありましたが、これについても、6年前のCD-ROMに収録したいとの打診と基本的には差異がなく、ご辞退せざるを得ないと考えております。


チャート梁山泊TOPページへ