1979年頃の油田写真

昨年、千葉県在住の五味篤様より連絡を受けました。氏は私より以前に油田に興味を持ち、各地の油田を撮影していたことがある方です。今回、五味氏が1979年頃撮影した油田写真の当HPへの掲載を許可して頂けましたので、ここで紹介します。今は無き稼働中の油田の姿を垣間見ることができます。五味様、ありがとうございました。


キャプションとして五味氏の注釈を記します。


左上 東山油田桂沢斜坑。坑口。
右上 東山油田桂沢斜坑。当時は油層から直接滲出油を採取。1979年5月。



左上 新潟県新津油田柄目木地区。新津鑿泉の油井で稼業中。1979年5月。
右上 新潟県新津油田柄目木地区。1979年5月。


左上 新津油田朝日地区。C87井。1979年5月。
右上 新潟県新津油田集油タンク。


左上 新津油田金津地区。集油場と油井。 中野家の近くにあった。1979年5月。
右上 新津油田金津地区。集油場。中野家の近くにあった。1979年5月。


左上 史跡 煮坪案内板。この近くに長生館という鉱泉もあり、その井戸にも原油が浮いていた。
右上 煮坪。1979年。



左上 尼瀬油田。当時は主にガスを採取し、地元で販売していた。
   原油は緑色で軽質。1年でタンクローリー1台分しか採れなかった。1979年5月。
右上 尼瀬油田。油井は5井くらいしかなかった。



左上 新潟県西山町妙法院地区(田中角栄生家近く)くそうず献上の地案内板。1979年5月。
右上 新潟県西山町の「くそうず」。何ケ所か田園の中に湧出していた。



左上 新潟県牧村下昆子の油坪。1979年5月。
   薬用に近くの方が採取して販売していた。全国から注文が少しずつあるらしい。
   足の悪い方で、親切にいろいろと説明してもらったが、今はどうされているか気になる。
右上 新潟県牧村下昆子の油井。1979年5月。
   足踏み式のポンプ井。道路脇まで流送し、道路脇には油タンクがあった。



左上 新潟県 明治ガス田。
右上 新発田油田。



新潟県黒川油田南の胎内川にあった油田。中条油田と思われる。1979年5月。