鬱 我侭日記

カウント

●更新記録/お知らせ
11月15日(火)10時35分39秒

ここは閲覧専用の日記掲示板です。

●記事の表示

全 100 件中 1 〜 15



 ページ番号 (1〜7)
アクション3連 書込日:11月15日(火)10時35分39秒  名前:酒井

「Woolfe - The Red Hood Diaries」 「Momodora: 月下のレクイエム」 「Fossil Echo」
(全てSteam)をクリア

「Woolfe」は評判知ってたから驚きもしなかったけど、アクションゲームをつまらなくするためのお手本というレベルのダメさ
構成要素が足りないわけじゃないのに、手触りとバランスが悪すぎる
映像はかなり良いので、ディレクターがアクションゲームに興味のない人だったのか? という感じ

開発会社はこのゲームでパブリッシャーデビューしたものの、ゲームの評判が悪く、開発費を回収できなく潰れたそうで、インディーの闇的な話題になったけど、未完成でつまらないゲームを出して、売れなくて潰れたなら、悪いけど市場が正しく機能しているということだと思う


「Momodora」「Fossil Echo」は、どちらも短めだけどきれいにまとまってて良い

「Momodora」は古い 2D アクションゲームの影響を受けているとのことだけど、ソウルシリーズの影響もかなり受けてるな
ダクソのシステムをシンプルにして、アニメっぽい世界観にした感じで、家庭用に出せば特に日本ではかなり受けそう
テキストの和訳も完璧なので、海外産ゲームだと知らなければ絶対に気づかないレベル

「Fossil Echo」は、短くてシンプルで、どちらかといえばスマホのカジュアルゲーに近い感じ
見た目ホンワカしてるけど、とんでもない死にゲーで、微妙なジャンプのタイミングが生死を分けたりする感じ
アクション慣れしてない人は何が悪くて死んだのかすらわからなくて、ただの運ゲーに見えるんじゃないかな?
その辺は海腹川背と似てるかも
  
無理ゲー 書込日:11月12日(土)03時26分07秒  名前:酒井

「ダクソ3」DLC「ASHES OF ARIANDEL」クリア
本編1週目のクリア装備のままだったので、比較的楽かと思いきやとんでもなかった

手持ちの武器とステータスではボスに勝てないとわかったので、武器鍛え直し+ステ振りなおしてなんとか
ボス戦だけで10時間以上はかかったな

ダクソシリーズは難しい難しいと言われ、それがアイデンティティーのようになってるけど、本来はキングスフィールドゆずりの「世界を探索する楽しみが」素晴らしいゲームだと思うので、「ダクソは難しければ難しいほど良い」みたいな流れに不満を感じる部分もある

ストーリー的にスッキリ終わらないのは、DLC第2弾に続くということだろうか?
酒井 (11月12日(土)03時29分20秒)
オンラインの白ファンは呼ばなかったけど、NPCのゲールさんには手伝ってもらった
  
SWITCH 書込日:10月21日(金)08時28分14秒  名前:酒井

情報を見る限り普通の新型携帯機かな… という印象

家では据え置き機、外では携帯機に切り替えて使えるというのがコンセプトのようだけど、テレビの前に腰を据えてゲームをするのが面倒という人が据え置き機を嫌って、携帯機、さらにスマホへと流れたわけで、手軽に携帯機として使えるのであれば、わざわざテレビに映して使うのは最初だけだろう

切り離し可能なサイドのコントローラーも切り離すメリットが薄い気がする
切り離してディスプレイ部分だけ置いて使えるというけど、そうするメリットがない
普通の携帯機のように手に持って遊べばコントローラーの脱着も不要だし、そのほうが遊びやすい

紹介映像のように多人数で集まって1画面を見て遊ぶ場面では意味があるけど、実際にはモンハンのように1人1画面必要なケースがほとんどだろう

そう考えると SWITCH は、テレビ出力もやろうと思えばできる普通の携帯機かな… と
サイドにコントローラーつけっぱなしの本体を、充電台と化したドックに置いておく感じになるのでは?

それゆえ、現在かろうじて残っている VITA の需要は完全に SWITCH に奪われて、現状 PS4/VITA マルチの多い和ゲーメーカーは PS4/SWITCH のマルチに移行する流れになるのだろう

「新しいコンセプトのゲーム機です」と言いつつ、実はただの携帯機だった SWITCH は、逆に、特殊なギミックに足を引っ張られないぶんサードのマルチタイトルに向いているということでもあり、普通のゲームが普通に遊べる携帯機として成功する可能性は十分あるように思う
酒井 (10月21日(金)11時18分27秒)
個人的には、結局 WiiU は買わなかったので、「ゼルダ ブレスオブザワイルド」をやるために SWITCH は買うことになるだろう
酒井 (10月24日(月)10時07分15秒)
SWITCH 世間の評判は思った以上に悪いみたいだな、下手すると WiiU 以下ということも…
一方のスマホ関連は好調なだけに、ハードで2連敗すれば(いくら金があっても)次のハードはないかも
  
ビッグウェーブ 書込日:10月07日(金)16時16分48秒  名前:酒井

PSVR 発売まであと1週間
今のとこがっつり遊べるゲームはほぼなさそうなので、その辺期待はしていない

今後 VR デバイスは、ゲームをする人ならたいてい持っていて必要に応じて使う感じの周辺機器という位置づけになると思うけど、しばらくは難しいか

すでに半年たった PCVR 市場も、いまだに Wii 初期のような体感ミニゲームばかり
「勇者のくせになまいきだVR」のような普通のゲームに VR を足したものが増えないと、今回の VR ブームは失敗するかもしれないな
酒井 (10月11日(火)07時39分42秒)
とはいえ、さすがに発売日が近づいてくるとわくわくしてくる感は否めない
酒井 (10月11日(火)07時50分58秒)
発売日には、とりあえず宮本さんとミクさんをお迎えすることにした
あとは世間の評判次第でというところだけど、Thumper と Rez は気になるな
酒井 (10月13日(木)18時09分12秒)
1日ほど試したけど技術的な問題が結構ある印象

ソフトによって差があるけど、映像がかなり粗いものがある
たぶん2つ理由があって、ディスプレパネルの解像度の問題とレンダリング解像度の問題

ディスプレイパネルの解像度は DK2 と同じはずだけど、サブピクセルの配置なのかレンズの特性なのか、DK2 では見えなかったブラウン管のラスターのような横線が見えてしまっている

レンダリング解像度は PS4 のスペック的に厳しいのだろうけど、サマーレッスン辺りはかなりの低解像でレンダリングしているのがわかる
この辺はソフトによって全然違うので、落としどころが見えてくればだいぶましになると思う


もう1つ気になるのが、トラッキングの遅延とずれ

PC の VR デバイスと比較しなければそこまで気にならないのかもしれないけど、普通のカメラで捉えた映像から位置情報を取得しているせいか、頭を振ると映像が付いてこれてないのがわかる程度の遅延がある

ずれに関してはさらに深刻で、シネマティックモードで映画を見ていると、環境によるのかもしれないけど、とくに激しく動かなくても数分毎に一時停止してセンターを戻さないといけないぐらい中心がずれる(だんだん左に寄ってしまう)
カメラでで位置情報取ってるんだから SDK か API 側で対応できると思うけど


VR 酔いは RIGS の体験版でかなり酔ったけど、それ以外は問題なかった
元々 VR 酔いは、プレイヤーが酔いに強いか弱いか以前に、ゲームの仕様による部分が大きいので、その辺はかなり気を使ってあるようだ


逆によかったのは装着感で、DK2 や Vive と比較すると圧倒的に固定感がある
全然きつくないのにちゃんと固定されてるのが良い
DK2 や Vive はヘッドバンギングするとずれるけど PSVR はずれない


全体的な感想としては、アプデで治せるところは早めに治してくれないと現状いろいろきつい感じ
対応ソフトが増えることも重要だけど、今はそれ以前の段階か…
酒井 (10月14日(金)09時30分34秒)
初音ミク VR フューチャーライブ

普段 Project DIVA シリーズでも、ライブ視聴モードは全然やらないからどうかな…と思ってたけど、意外にはまる

映像のクォリティは正直 PS4 の FT や X-HD より数段劣るけどライブ会場の雰囲気は出ていて、最初は冷めた気持ちでサイリウム振ってたのに、だんだん気持ちが高ぶってくる
PSVR にはボイチャ用のマイクが内蔵されていて音声認識出来るのだけど、このゲームでは「声出して」と指示される個所がある
最初チュートリアルで見たときに、さすがに部屋で一人で声出すのはきついと思ったけど、ライブ後半でミクさんの「こーえにだして!」のセリフと共にそのアイコンが出たときは、思わず「サンキュー!」と言ってしまった

2〜3年ぐらい前からミク関連のイベントで度々出展されていたデモがベースになっているだけあって、ロンチタイトルだけど VR をうまく活かしている感じ
スルーしていたアイマス版にもちょっと興味が出てきた
酒井 (10月15日(土)07時55分30秒)
Allumette

「マッチ売りの少女」にインスパイアされたショートストーリーの動画コンテンツ
空に浮かぶ島で生活する人たちの世界での「マッチ売りの少女」の話

一般的に 360°動画は動画の仕組み上ポジショントラッキングに非対応で、視点の角度変化は反映されるけど、オブジェクトに近づいてもシーンごと一緒に動いてしまって全然近づけないのだけど、これはちゃんと近づける
全部ポリゴンモデルでレンダリングしているのか? ちょっと仕組みがわからないけど、角度も平行移動も反映されるので完全な VR として観ることができる

話的にも短くてシンプルながら起承転結ありのわかりやすい内容で、お手軽に VR 動画を楽しむのに最適
無料の動画コンテンツということでスルーしがちだけど、世界観が魅力的で映像のクォリティも非常に高いので、観てない人は絶対観たほうがいい
酒井 (10月15日(土)14時34分07秒)
シネマティックモード中にセンターがずれていく原因がわかった気がする

どうやらシネマティックモード中は PS4 側のカメラを使わずに PSVR 側だけで VR を実現しているみたい
シネマティックモード中はヘッドセットのライトが消えるので、カメラによるトラッキングが行われてないのは間違いない
つまり、PSVR 側単体で、ヘッドセット内のジャイロセンサーのみでトラッキングしていて、カメラによるトラッキングはされていない
だからスマホ VR のようにだんだんセンターの角度がずれていく

ネット上で、PSVR の HDMI 入力に PC や WiiU の映像を入れても普通に使えるという話が出ていて不思議に思っていたんだけど、どうやら PSVR は、単体で(スマホ VR のような)簡易 VR 機能付き HMD として動作するということか
で、PS4 とつないでいても VR 対応ソフトを実行しているとき以外はそのモードで動作している、と

だとすれば話は簡単で、PS4 側の機能としてちゃんと VR に対応した BD ビュアーがあればいい
つまり、本体側のアップデートでそういう機能が追加される必要がある
それなら、現在非対応の 3DBD への対応も可能だし、可能性としては結構高い気がする

ということで、結局アプデに期待するしかないことに変わりはないということか
  
一人称 書込日:09月25日(日)22時07分56秒  名前:酒井

そういえばスチームの海腹川背 VR には裏技があって、セッティング→VR→スケールで L+R+Y を押すと一人称視点でプレイできるんだけど、世界で誰も発見してないみたいだな
元々プロモーションに絡めて情報を出そうかみたいな話だったけど、今後出る機会もなさそうなので書いておく

操作方法が横視点のままでまともに操作できなかったり、周辺状況が全く分からなかったり、どう操作するとどう動くのか完全に把握してないと激しく酔うので、あくまで余興程度だけど

酒井 (09月25日(日)22時16分07秒)
ゲームとしては全然遊べないけど、海腹川背の世界に入ってみるという VR の醍醐味は十分に味わえると思う
酒井 (09月25日(日)22時26分59秒)
もし一人称 VR の動画を撮ってどこかにアップする人がいたら、「裏技による余興」であることを明示して欲しいというささやかな願い

ネットの普及によって情報の伝達は容易になったけど、誤解や不正確な情報ほど広まるのが速いという
  
Pro 書込日:09月11日(日)06時42分39秒  名前:酒井

PS4Pro やっちまった感あるな

家庭用ゲーム機の最大のメリットは、SIEも度々言ってるように全世界のユーザーが同じ環境でプレイできること
もっと正確に言えば、作る側が単一の環境だけ考えればいいということで、これは最適化の際に余計なことを一切考えなくて済むというとてつもなく大きなメリットになる
今まで家庭用ゲーム機は、基本これを守ってきた

そして、この鉄則を崩してまで投入したわりに中途半端なスペックアップ
1年後に出る xbox scorpio に性能面で遥か上をいかれた後どうするつもりなのか…
  
骨折 書込日:08月22日(月)22時11分17秒  名前:酒井

雨で滑って転んで右手首を骨折
日常生活は左手でなんとかなるけど、1か月以上コントローラー持てないのが何気につらいな

医療技術が結構進歩してると思いがちな現代だけど、骨折の治療は人間の自己治癒能力に任せるしかないというのがなんとも…
酒井 (08月22日(月)22時22分41秒)
PSVR までに治るといいなあ
酒井 (08月31日(水)20時41分52秒)
BF1やりたい…
ソッピースキャメルとか乗りたいな
  
OpenVR 書込日:06月22日(水)20時13分55秒  名前:酒井

Steam 版「さよなら海腹川背」の VR 対応アップデートが公開されたけど(極一部の人に)ちょっとお得な話。
対応は HTC Vive(OpenVR) となってるけど、実は OpenVR というライブラリは Oculus RIFT DK2 でも動作するので、「さよなら海腹川背」の VR 版も DK2 でプレイ可能。
※Oculus RIFT 製品版でもたぶん動作するけど未確認

DK2 を持ってても、すでに埃をかぶってる人が多いと思うけど、実は最新のランタイムが入ってれば OpenVR 対応のゲームは普通に動作する。
SteamVR も普通に動作するので、海腹以外の SteamVR 対応作品もほとんど動作する。
ただし、ハンドコントローラーやルームスケール等 Vive 特有の機能に合わせて作られてるものは、まともにプレイできないけど。

というわけで「さよなら海腹川背」の VR 版をやりたいだけなら DK2 を入手できれば可能です。
Vive ユーザーより DK2 ユーザーのほうが多そうなので、一応。


Oculus RIFT DK2 で動作中の SteamVR UI
  
南瓜 書込日:06月19日(日)11時47分05秒  名前:酒井

全然売れてないだろうと思うけど、vitaで500円で買える「ミスターパンプキンの不思議な旅」が意外に面白い

絵柄も世界観もゲームシステムもマシナリウムっぽいんだけど、謎解きより若干「暗号解読」要素が強い
難易度も絶妙で、初見「こんなのわかんねー」と思わせつつ、きちんと情報を整理していくとちゃんと解けるようになってる

論理的思考が得意な人にはおすすめ
  
山田 書込日:06月18日(土)12時06分56秒  名前:酒井

ヨドバシは先着順で前日深夜のうちに終了、ビックとヤマダが抽選とのことで、敢えて普段行かないヤマダにヤマ張ってみた
酒井 (06月18日(土)12時09分18秒)
ヤマダ有能
  
vive 書込日:04月10日(日)22時37分34秒  名前:酒井

HTC Vive を借りることができたので一通り試してみた。

HTC Vive の売りは「ルームスケール」という、ある程度広い空間を認識して遊べるというもので、仮想空間で2mぐらい先まで歩いていってそこにあるものを操作するとか、そういうことができる。
ほかの VR デバイスなら仮想空間で移動するにはコントローラーでなにかしらの移動操作をするわけだけど、HTC Vive なら(1〜2m程度なら)実際に歩いて移動することができる。
とはいえ、当然この機能は実空間に相応のスペースを確保する必要があるので、日本の狭い住宅事情ではほぼ使えない。
そもそもある程度のスペースを確保していないとルームスケールモードでのセットアップ自体ができない仕様。
スペースが確保できない場合はその場で遊ぶ「立位モード」でセットアップすることもできるのだけど、現時点で HTC Vive に対応したゲームの多くがある程度のスペースを要求するので、(ゲームにもよるけど)立位モードでも手を広げて回転できるぐらいの空間は必要。

Oculus Rift DK2 と比べると、解像度やフレームレート等のスペックはだいぶ上がっているはずだけど、そのへんは正直あまり気にならない気がする。
プログラムをしてみたところ、簡単だと思っていた Oculus Rift DK2 の SDK よりさらに簡単で、DK2 用に作ったゲームもすぐに移植できた。

家の PC はグラボが GTX-950 なので、HTC Vive の最低要求スペックを満たしてないのだけど、半分以上のゲームは問題なく動作する感じ。
このへんはゲーム次第ということか。

Steam クライアントが SteamVR として HTC Vive と連携しているので、HMD をかぶったままハンドコントローラーで Steam クライアントを操作してゲームを切り替えたり、ゲームを購入したりも可能。
VR 非対応の Steam 対応ゲームを仮想空間のスクリーンに映してプレイすることも可能。
この辺のシステムは、リリース直後にもかかわらずかなり作りこまれている。

スペースの問題はゲームの仕様による部分が大きいので、今後もう少しお手軽に楽しめるゲームが増えてくれればいいが…
酒井 (04月18日(月)10時23分13秒)
些細なことではあるけど、Vive はトラッキングにベースステーションというセンサーマーカー?を使っている。
wiiでいうところのセンサーバーみたいなもの。

これが派手に赤外線を出し続けてるようで、ついているとテレビのリモコン等、部屋中のリモコンが全然効かなくなる。
しかも電源スイッチが無く PC を消しても消えないので、使わないときは電源ケーブルを抜かないとならない。
この辺も一般家庭向けじゃないなあと感じるところ。
  
普及 書込日:04月12日(火)06時51分24秒  名前:酒井

VR 界隈がすごく盛り上がってるけど、ちょっと不安に思う部分もある。

VR の構成要素は大きく2つに切り分けられる。
HMD を介して体験できる映像による VR と、ハンドコントローラーや PS Move による入力インターフェースとしての VR 。
自分は映像体験としての VR は定着するけど、入力デバイスは定着しないと思っている。
VR の入力デバイスって、すでに Wii リモコンやキネクトが通ってきた道で、その結果ゲームを面白くする画期的な要素ではないことがわかった。

Wii の初期に、例えばドアを開けるために「リモコンをひねって引く」動作をさせるとか、無理にリモコンを使わせようとするゲームが多発したけど、結局みんなそんな操作を求めてないことが分かって、すぐに無くなった。
Vita の背面タッチなんかも同様。

VR も盛り上がっている最初の頃は、現実には味わえないような変わったシチュエーションを体験できるシミュレーター系のゲームとかたくさん出るんだろうけど、そういうものはきっとすぐに姿を消して、いままでゲーム好きが普通に遊んできた普通のゲームが VR で遊べるようになるんだと思う。

今ダクソ3をやっていて「この世界に VR で飛び込めたらどんなに楽しいだろう」と思うけど、それが実現したときに PS Move をハルバードと盾に見立ててプレイするのは勘弁してほしい。
ゲームの操作は普通のコントローラーでやりたい。たぶんゲーマーの多くがそう思うはず。

VR が普及するのは、最初にたくさん出るであろう「無理やり VR 体験に特化したゲーム」が落ち着いたあと、普通のゲームが VR / 非VR 両対応で出始めてからだと思っている。
  
PSVR 書込日:03月16日(水)14時52分06秒  名前:酒井

PSVR の価格と発売時期が発表された
価格については順当というところだけど次期は意外と遅めの印象

個人的に1番の懸念だった VR 専用ソフト以外への対応がかなり充実していたのがうれしい誤算
ホーム画面のみならず、既存のゲームや映像ソフトを仮想空間のモニターに映すことができるとのことで、おそらくテレビをつながなくても PSVR のみで PS4 の全てを堪能できる

まだ VR の普及を疑問視する人も多いみたいだけど2年後にはゲームする人なら持ってて当たり前のデバイスになるだろう
  
海腹川背VR 書込日:03月03日(木)08時49分45秒  名前:酒井

VR の基本部分ができてしまえば 3D 表示のゲームを VR 対応に改造するのはいとも簡単な作業。
海腹程度の小規模ゲームなら実働半日で VR 化完了。
※研究目的で作ったものでリリースの予定はありません





こんな 2D ゲームを VR にしても意味がないと思う人も多いかもしれないけど、実際に体験してみると結構いい感じだ。
思った通り 3D 表示の 2D ゲームと VR は相性がいい。
酒井 (03月03日(木)09時05分21秒)
非 VR 版と比べるとカメラ位置をだいぶ前にしているので、キャラはかなり大きく見える。
普通はその分見える範囲が狭くなってしまうけど、VR の場合は見たい方向を見ることができるので、むしろ非 VR 版より広々と画面を使える。

今のところの問題点としては、やはり酔いで、3D 空間を自由移動するゲームに比べると酔いにくいとはいえ、キャラに追従する現状のカメラだと若干酔う。
もう少し試してみよう。
酒井 (03月04日(金)08時36分06秒)
誰も見てないところでスクショだけ貼ってもあれなので youtube に動画を貼ってみた。
さよなら海腹川背VR
許可とか誰にも取ってないので何か言われたら消すかも。
酒井 (03月06日(日)19時35分16秒)
VRによる一人称ゲームプレイを試してみた。
"さよなら海腹川背VR" first person view
新鮮だけどゲームとしては無しだな。
酒井 (03月06日(日)21時24分36秒)
ニコ動画にも投稿
sm28367353
sm28367422
youtube に比べてやたらめんどくさいうえに一般アカだと画質も酷いな
  
VR 開発メモ 書込日:02月23日(火)00時02分21秒  名前:酒井

Oculus Rift DK2 と DirectX11 によるアプリ開発のページを公開
簡単なメモ程度にするつもりが微妙に大きくなってしまった

この説明で理解できる人なら、むしろこの説明は不要だろうと思うけど、せっかく書いたので一応
  
全 100 件中 1 〜 15



 ページ番号 (1〜7)
PATOBBS Ver 3.00 by NCF Nangoku-CGI-Factory © Kiyoshi Sakai / 2003